home > ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへの取り組み)

- ZEH - ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

国際課題となっている地球温暖化ガス削減への対策として、日本の住宅業界においてもその取り組みが必要となっています。これらによって国は2020年までにすべての新築住宅に対して省エネ基準への適合を義務付ける方針であり、さらに2030年にはすべての住宅でゼロエネルギー化を実現する方針を打ち出しています。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅のことをいいます。

ZEHのメリットや効果

一番のメリットは、家に住む上でのランニングコストを抑えることができます。ZEH住宅では、自家発電自家消費となり、また余った電力を売ってその他の必要な費用に補填することができるため、毎月のランニングコストを大幅に抑えることができます。また、ZEHのメリットであり、目的でもある、地球温暖化の解消にも当然大きく影響します。現在、日本における温暖化の大きな原因は、電力の供給を火力発電に頼りすぎていることが挙げられます。石炭や石油などを燃料に発電する仕組みなので、発電をすればするほど、温暖化の原因となる温室効果ガスを発生させてしまいます。それらの電力を、各家庭の太陽光発電などにて置き換えることができれば、その分温室効果ガスの発生を抑えることができ、温暖化解消に貢献し、次世代の住環境への良い橋渡しとなります。

ZEHへの取り組みと目標

ZEHへの取り組みと目標

当社では、省エネルギー性能はもちろん、耐震性・維持管理に配慮した資産価値の高い長期優良住宅の認定を受け、且つ、高いデザイン性を兼ね備えたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のご提案を積極的に行い、ZEHの普及に取り組んでいます。そして、経済産業省の「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金ZEH支援事業」におけるZEHビルダー登録を行い、2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。2016年度よりZEH(NearlyZEHを含む)の比率を段階的に引き上げ、当社が手掛ける住宅の内、ZEHが占める割合を2020年度までに50%以上とすることを目標にしています。

ZEHビルダーとは

ZEHビルダーとは

補助事業執行団体が工務店やハウスメーカー、建築設計事務所等を対象として公募を行い、登録要件を満たす企業を「ZEHビルダー」として認定する制度で、当社も「ZEHビルダー」として認定登録を受けております。そして、2016年度からZEHビルダーが建てるZEHの基準を満たす住宅のみが補助金交付制度を利用できることになりました。補助金を受けるには、申請や条件などがありますので、詳しくは当社までお問い合わせください。

Fudousan Plugin Ver.1.6.3