home > 家づくりの品質 > 省エネ性能

省エネ性能

季節を通じて、「省エネ」で「快適」に暮らせる住環境を守るため、Mstyle house では高い断熱性能評価基準を確保。単に性能が高いだけでなく、「暮らしやすくて、気持ちがいい」住まいをお届けしています。

home > 家づくりの品質 > 省エネ性能

外皮平均熱貫流率(UA値)0.34以下

Mstyle houseのつくる住まいは、外皮平均熱貫流率(UA値)0.34W/㎡k以下が標準仕様。2022年10月施行の新基準の「4地域」において、「等級6」に該当します。

一次エネルギー消費量 BEI0.8以下

建物の「冷暖房・換気・給湯・照明」にかかる一次エネルギーを示す指標。建物の大きさごとに算出された、国交省の定める「基本一次エネルギー消費量」を1として、その家のエネルギー消費量を表わす「BEI」。数値ごとに、6段階の等級に分類されます。Mstyle house では、最高等級の6が標準。BEI0.8 以下を基本としいます。

実際のエネルギー代、いくらぐらい?

UA 値0.34 以下、BEI0.8 以下でつくるMstyle house の家では、年間どのぐらいの一次エネルギー(冷暖房・換気・給湯・照明にかかるエネルギー)がかかるのか、いくつか事例をご紹介します。

※電気料金単価は27 円/kWh、都市ガス料金単価は156 円/ ㎥、灯油が住単価は88 円/Lにて計算

Y邸(中野市/4地域)

床面積:135.19㎡(40.89坪)
UA値 0.27  BEI0.51

I邸(北佐久郡御代田町/3地域)

床面積:123.59㎡(37.39坪)
UA値 0.31  BEI0.68

数値は省エネルギー計算によるもので、ライフスタイルや家族構成の変化によって誤差はありますが、省エネ基準より圧倒的に小さなエネルギーで冷暖房・換気・給湯・照明をまかなえるのは表記の通り。Mstyle house の住まいは、「快適で暮らしやすい」だけでなく、家計への負担を大きく軽減して日々の暮らしを支えます。

Fudousan Plugin Ver.1.6.3